NOTTVパックであの人気チャンネルを楽しもう!

韓ドラマ 匂いを見る少女

直近の放送日時

5/30(月) 20:00~21:00
◆第7話「バーコードが示すもの」 バーコード連続殺人事件の“バーコード”が出版物に使われるISBNコードだと気付いたムガクは、コードを分析し、まだ発見されていない被害者がいる可能性を指摘する。そんな中、ムガクは劇団で裏方の仕事ばかりしているチョリムを食事に誘い、漫才も捜査も一緒にやっていこうと話す。一方、ジェヒは人の顔を認識できない失顔症であることをチョリムに明かし、自分をサポートしてほしいと頼む。

パク・ユチョンX史上最高のハマり役!コミカルな演技は大ヒットドラマ「屋根部屋のプリンス」以来と話題沸騰!また同作で脚本を手がけた人気作家イ・ヒミョンが本作でも絶妙な物語を紡ぎだし、ユチョンと再タッグを組んだことも注目の極上のサスペンスラブコメディ!

【出演】パク・ユチョン、シン・セギョン、ナムグン・ミン、ユン・ジンソ他

放送日時

月・水曜 20:00~21:00 NOTTV1

放送内容

ある事件をきっかけに無感覚症になった警察官を、ユチョンが熱演!
“匂いが見える超感覚少女”と“無感覚な警察官”が繰り広げるサスペンスラブコメディ。
脚本は「屋根部屋のプリンス」でユチョンがタッグを組んだイ・ヒミョンが担当。
今作でも人気作家が描くコミカルな要素に話題沸騰!

ストーリー

◆第1話「超感覚と無感覚」
高校生のチェ・ウンソルは、謎の男に両親を殺され、逃げる途中で交通事故に遭う。昏睡状態から目覚めたウンソルの左目は青色に変わり、匂いが見えるという不思議な能力が備わっていた。3年後、記憶を失った彼女はオ・チョリムという名で元刑事のジェピョに育てられ、芸人を志す明るい女性に成長していた。一方、妹を殺した犯人を追うため警察官になったムガクは、捜査中にチョリムが運転する車とぶつかり・・・。
 
◆第2話「お笑いコンビ結成!」
強盗犯を逮捕したムガクはカン係長の元を訪ね、強力係の刑事になりたいと頼み込む。あきれたカン係長は、ある条件を言い渡す。一方、団長の前で漫才を披露するチャンスを得たチョリムは、パートナーとしてムガクをスカウト。まるで取り合おうとしないムガクに自分の特殊能力を明かし、「捜査に協力する」と交換条件を提示する。そんな中、ヨム・ミ警部補がバーコード連続殺人事件の公開捜査に踏み切り・・・。
 
◆第3話「怪物と宇宙人」
失踪したマリの行方を捜していたムガクは、チョリムの協力で、川の中からマリの車と遺体を見つける。マリがバーコード連続殺人事件の新たな被害者だと確信したヨム・ミは、ムガクに特別捜査班に加わるよう命じる。さらにジェピョの職場を訪ね、3年前に殺された海女夫婦の娘の居場所を聞き出そうとするが・・・。一方、ムガクはマリの恋人だったクオン・ジェヒのレストランで、容疑者のベッキョンと出くわす。
 
◆第4話「大切なパートナー」
ムガクは自分のせいでチョリムが劇団から追い出されたことを知り、団長に会いに行き、もう一度チャンスがほしいと訴える。そんな中、公園で腕にバーコード状の傷が刻まれた変死体が発見される。12カ月に一度というバーコード連続殺人事件の犯行パターンが崩れ、捜査は混乱状態に陥る。一方、チョリムは愛犬を追いかけていたジェヒと出会い頭にぶつかり、ベッキョンの病院で治療を受けるが・・・。
 
◆第5話「思い出の済州島」
ジェヒのレストランに到着したムガクたちの目の前で、ビルの屋上からシェフが転落。一人で屋上にいたジェヒは、弁解する間もなく現行犯逮捕される。自宅で家宅捜索が行われることを知ったジェヒは、ベッキョンにあるものを持ち出してほしいと頼む。チョリムはジェヒの潔白を証明するため、真犯人を見つけようと奔走するが・・・。一方、ムガクはベッキョンの足取りを追って済州島に向かい、意外な事実に驚く。
 
◆第6話「出せない手紙」
海女夫婦の娘ウンソルがチョリムとして生きていることに気づいたベッキョン。彼はチョリム宛てに渡すつもりのない手紙を書き、ボランティア医師としてセネガルへ発つ準備を進める。ところが、ジェヒから預かったワインボックスが引越センターに誤送され・・・。一方、ムガクはジェヒのレストランを訪れ、誤って逮捕したことを謝罪する。そこへ、ムガクの携帯電話にベッキョンから連絡が入り・・・。
 
◆第7話「バーコードが示すもの」
バーコード連続殺人事件の“バーコード”が出版物に使われるISBNコードだと気付いたムガクは、コードを分析し、まだ発見されていない被害者がいる可能性を指摘する。そんな中、ムガクは劇団で裏方の仕事ばかりしているチョリムを食事に誘い、漫才も捜査も一緒にやっていこうと話す。一方、ジェヒは人の顔を認識できない失顔症であることをチョリムに明かし、自分をサポートしてほしいと頼む。
 
◆第8話「突然のキス」
ムガクはベッキョンの倉庫で黒づくめの男に刺され入院する。一方、倉庫から2冊の本を回収したジェヒは、ベッキョンが残した言葉の意味を探ろうとしていた。翌日、ジェヒはムガクが犯人の顔を見たことを知り、差し入れを持って病院を訪れるが・・・。その後、無事退院したムガクのために、チョリムはトッポッキ作りに挑戦。交通事故で記憶を失ったことを話していた最中、ムガクに突然キスをされ・・・。
 
◆第9話「彼女の呼び方」
ジェヒが作ったスープを食べたチョリムは、ムガクの前で突然涙を流す。40代女性の顔が思い浮かんだという話を聞き、ムガクはモンタージュ写真を作ってチョリムの記憶を取り戻そうとするが・・・。一方、特別捜査班の刑事たちは殺人犯の手がかりをつかめず、焦りを募らせていた。ムガクは、犯人の行動を予想し、ある罠を仕掛ける。そんな中、チョリムはジェヒの料理番組のカメラテストに合格し・・・。
 
◆第10話「記憶の中の笑顔」
チョリムが思い出した女性の顔は、海女夫婦殺人事件の被害者と瓜二つだった。密かにチョリムの身元を調査したヨム・ミは、ジェピョが隠していた目撃者がチョリムだったと知る。一方、チョリムはひょんなことから交通事故の瞬間を思い出し・・・。そんな中、ムガクはジェピョが警察署長と会う姿を目撃。ジェピョの住所を入手してヨム・ミに電話で知らせるが、通話を盗聴していたジェヒにも知られてしまう。
 
◆第11話「たったひとりの目撃者」
ヨム・ミは、ムガクがバーコード連続殺人事件被害者の遺族であることを理由に、突然特別捜査班から外してしまう。一方、ベッキョンの手紙を読んだ
チョリムは、自分の本当の名前を確かめるため、父のジェピョに会いに行く。そんな中、ムガクはヨム・ミのパソコンを密かに調べ、チョリムが事件の目撃者であることを知ってしまう。ジェピョの元に向かったムガクは、田舎道でジェヒの車と鉢合わせになり・・・。
 
◆第12話「悲しい事実」
チョリムはジェヒに「チェ・ウンソル」と呼ばれ、恐怖に襲われる。その場に現れたムガクはジェヒに銃を向けるが、チョリムは彼を必死で思いとどまらせる。自分のせいで妹が殺されたことをムガクに謝罪するチョリム。ムガクは自分たちが別れる理由にはならないと言うが、チョリムは決心を変えようとしない。ジェヒに顔写真を盗まれたチョリムは、ヨム・ミに自分を捜査に利用してほしいと申し出る・・・。
 
◆第13話「恋の密着警護」
ジェヒからベッキョンの死体と同じ匂いが見えたチョリムは、ムガクに他の刑事にも自分の能力を知らせてほしいと頼む。チョリムの能力を確認した特別捜査班の刑事たちは、決定的な証拠を確保するためにジェヒの家を捜索する計画を立てる。その頃、ジェヒはチェ・ウンソルの高校時代の親友に連絡を取り、手掛かりをつかもうとしていた。ヨム・ミは記憶回復を助ける目的でチョリムを同窓会に参加させるが・・・。
 
◆第14話「密室の自叙伝」
ジェヒは拉致したヨム・ミに6日の猶予を与え、自叙伝を書けと命じる。ムガクはジェヒの家に強行突入するが、ヨム・ミの監禁場所を発見できない。一方、チョリムはジェヒのサイン会を訪れ、彼の手についたヨム・ミの香水の匂いを発見する。ヨム・ミへの罪悪感に苦しむチョリムは、自分を代わりに連れて行ってほしいとジェヒに提案。ジェヒは交換の要望に応じるというメッセージをチョリムに送るが・・・。
 
◆第15話「香水のプロポーズ」
ムガクとイェ刑事は裏口から密室に踏み込み、麻酔ガスを吸って倒れたヨム・ミを救出。ジェヒは被害者たちに書かせた自叙伝を持って逃走しようとするが、ムガクに逮捕される。事件解決後、ムガクは久しぶりに満腹感を取り戻し、チョリムも両親の顔や交通事故の記憶をすべて思い出す。一方、ジェヒは完全黙秘を決め込み、取り調べは難航。そんな中、ムガクはチョリムにプロポーズしようとするが・・・。
 
◆最終話(第16話)「ふたりの幸せ」
結婚式の控室から突如、姿を消したチョリム。監視カメラの映像を確認したムガクとヨム・ミ、強力係の刑事たちは、死んだはずのジェヒがチョリムを拉致したことを知り衝撃を受ける。カン係長は、警察を辞職したムガクが捜査に加わることを特別に許可する。一方、チョリムはジェヒがよそ見をした隙に車から指輪を落とし、手掛かりを残す。ムガクはジェヒの指示に従い、誰にも知らせずチョリムの家に向かう。